海外通販での支払い方法

海外通販では、通販サイトによって支払い方法が異なります。主にクレジットカード、PayPalでの支払いが一般的です。

日本円以外のドルやポンドなどの決済では、外貨取扱手数料がかかります。

海外通販で使える主な支払い方法

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
  • 代引き
  • コンビニ決済
  • Google Pay
  • Apple Pay

海外通販では通販サイトによってさまざまな支払い方法があります。1番多いのがクレジットカードです。クレジットカードは、VISA、Mastercard、AMEXなどの国際ブランドがありますが、JCBのクレジットカードは日本規格なので使用できないことがよくあります。

支払い方法として2番目に多いのがPayPalです。PayPalは世界2,400万以上の店舗で使用されている決済手段です。銀行口座かクレジットカードを登録し、店舗側には支払い情報を渡さずに決済ができ安全です。海外通販サイトとのトラブル時の対応もPayPalが仲介してくれるので、もしものときにも安心です。海外通販をするならPayPalアカウントは作っておいて損はありません。

銀行振込や代引き、コンビニ決済は日本ではおなじみの支払い方法ですが、海外通販サイトで対応しているところはほとんどありません。韓国の通販サイトや日本のユーザーをターゲットにしている海外通販サイトで対応していることがあります。

Google PayやApple Payなどの電子決済は世界的に増加傾向にあります。

その他にも海外通販サイトによっては、AfterPay、Sezzle、Klarna、DIRECTebanking、Clearpay、Zip Pay、Laybuy、Alipayなど多くの支払い方法ありますが、日本からは使用できない支払い方法やアカウントの作成ができないものもあります。クレジットカードかPayPalさえ持っていれば、ほとんどの海外通販サイトで問題なく購入することができます。

どの支払い方法を使うか

PayPalのメリットは商品が届かないときや、もしものときのトラブル時にも海外通販サイトとやり取りを仲介してくれることです。英語がわからない場合でもPayPalとのやり取りは日本語でOKなので安心感があります。

PayPalは海外通販サイトにカード番号などの支払い情報を知らせること無く決済ができるので安全性も高く、カード番号の流出・不正利用される心配もありません。PayPalにクレジットカードを登録するとクレジットカードのポイントを貯めることもできます。

PayPalが使用できる海外通販サイトではできる限りPayPalで支払いすることをおすすめします。

クレジットカードは種類により、商品破損時に保証してくれるメリットがあるので、壊れやすいものや高価な商品の場合はクレジットカード払いも使えます。海外通販サイトにクレジットカード情報を渡したくない方はデビットカードやバーチャルカードなどを使用しましょう。

日本円での決済か、外貨での決済か

海外通販サイトでは、世界中から注文を受け付けているので、決済通貨を選択することができます。

多くの海外通販サイトでは、日本から海外サイトにアクセスすると自動で日本円に設定される仕組みを採用し、決済通貨が日本円の場合は為替レートの変動を気にすることなく購入することができます。

円建て決済のメリットは、購入時に決済金額を確定できることです。外貨建てでクレジットカードで決済した場合、店舗がカード会社に請求した時点の為替レートが採用されるため、若干のズレが生じます。

ドルやポンドなどの外貨表記だと日本円に変換して検討する必要がありますが、日本円表記だとわかりやすい反面、海外通販サイトによっては為替レートが悪いことがあり、お買い得度が下がってしまうことがあります。

日本円ではなく、外貨での決済をする方が価格的にお得になることが多くありますが、注意すべき点があります。

外貨建ての換算レート

外貨で決済する際には日本円への換算レートを意識する必要があります。

換算レート=国際ブランドの基準レート✕(1+カード会社の外貨取扱手数料)で求められます。

外貨取扱手数料はクレジットカードだと、1.60〜2.16%、PayPalだと4%ほどです。

日本円決済には見えてこない外貨取扱手数料などが余分にかかってくるから高くなのではないかと思われるかもしれませんが、日本円決済では表面上見えていないだけで、実際にはこれらの手数料も掛かかっていて、尚且つレートが高く請求されていることがほとんどです。外貨で決済すると基準レートが低いので手数料がかかったとしてもお得になることが多くなります。

日本円表記でも納得できる価格ならそのまま決済してもいいでしょう。

PayPalの4%の外貨取扱手数料を安くする方法

クレジットカード情報の入力欄

スクロールできます
英語意味入力例
Cardholder nameカード名義TARO YAMADA
Card numberカード番号1234 5678 9101 1121
Expiration Dateカードの有効期限09/25
Security code(CVC)セキュリティ番号980

海外通販サイトで購入画面に進むと決済方法を選択できます。クレジットカードでは表のように入力が必要となります。

PayPalを選択するとアカウントにログインし、決済が完了となります。

海外通販での支払い方法まとめ

  • おすすめはPayPalで決済
  • 日本円ではなく、外貨で決済
  • クレジットカードの通貨換算レートを使用

海外通販サイトでは支払い方法を選択することができます。おすすめはPayPalにクレジットカードを登録し、日本円ではなく、外貨で決済し、クレジットカード会社の通貨換算レートを使用することです。

日本円の決済でも充分に日本で買うよりも安く購入できることがほとんどなので、面倒な方にはそのままでもいいかと思います。

PayPalアカウントで決済するともしものときも安心なので、これからも海外通販をしていこうという方は是非この機会に作っておいて損はありません。

\ 次章へすすむ /

口コミを投稿する

コメントする