海外通販でおすすめのクレジットカードまとめ【2019年最新】PayPalとクレジットカードはどっちがいい?

海外通販でおすすめのクレジットカードまとめ

海外通販での支払い方法はクレジットカードかPayPalという通販サイトがほとんどです。

PayPalを使用できる通販サイトではPayPal決済をすることでトラブル時の対応も代行してくれるので安心できます。

PayPalに登録するにはクレジットカードか銀行口座が必要となります。クレジットカードを登録しておくと、カードのポイントも貯まりますので、海外通販でもお得に買い物をすることができます。

この記事では海外通販におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードをまだ持っていない方や、2枚目以降のクレジットカードを作ろうとしている方に向けての紹介と、海外通販をする上での少しお得な豆知識を紹介していきます。

 

海外通販ではクレジットカードとPayPalではどっちがいいの?

PayPalorクレジットカード

中途半端な答えで申し訳ないですが、結論的には「PayPalとクレジットカード払いの使い分け」がおすすめです。

PayPalのメリットは商品が届かないなどの、もしものときのトラブル時にも通販サイトとのやり取りを仲介してくれることです。英語がわからない場合でもPayPalとのやり取りは日本語でOKなので、安心感があります。

PayPalは海外通販サイトにカード番号を知らせること無く決済ができるので安全性も高く、カード番号の流出・不正利用される心配もありません。

クレジットカードは種類により、商品破損時に保証してくれるメリットがあるので、壊れやすいものや高価な商品の場合はクレジットカード払いがおすすめです。

ということで、海外通販では商品によって支払方法を使い分けていきましょう。

 

PayPalにはクレジットカードの登録がおすすめ

paypalにはクレジットカードを登録しよう

PayPalにクレジットカードを登録するメリットとして、

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 海外通販でもJCBのクレジットカードが使える

ということがあります。

PayPalに登録するにはクレジットカードか銀行口座を持っていればアカウントを作成できます。

クレジットカードを登録することで、海外通販でもクレジットカードのポイントを貯めることができます。

さらに日本規格のJCBカードは海外通販サイトでは使えないところが多いのですが、PayPalだと使うことが出来るところも大きなメリットです。

PayPal・クレジットカードの外貨取扱手数料、レートについて

換算レート

海外通販利用時の決済では日本円を外貨(ドルやポンドなど)へと換算し購入します。

換算レート=国際ブランドの基準レート✕(1+カード会社の外貨取扱手数料)で求められます。

ここまでPayPalについて説明してきましたが、唯一デメリットがあります。

それが、PayPalでは外貨取扱手数料が4%かかってしまうことです。

ここで、クレジットカードとPayPalの外貨取扱手数料を比較してみましょう。

外貨取扱手数料比較

ブランド 外貨取扱手数料
PayPal 4.00%
VISA 1.60〜2.16%
MasterCard 1.60〜2.16%
JCB 1.60〜2.03%
AmericanExpress 2.00%

海外通販でクレジットカードを使うと大体1.60〜2.16%で済むのですが、PayPalだと4%なんです!

これって結構大きな違いですよね!購入金額が大きくなるほど、この差額は地味に効いてきます。

「為替手数料がこれだけ差があるんだったらクレジットカード決済にしよう」そう思ったあなた!

実はPayPalでは決済時に外貨の換算をPayPalかクレジットカード会社のどちらでするか選ぶことができるんです!

PayPal決済で外貨取扱手数料を安くする方法

方法は超簡単です。

まずは決済時にPayPalのログイン後の画面に進み、「通貨換算プションを表示する」をタップ

PayPal決済

JPYはPayPalでの換算レートになるので、USDをタップ。これでクレジットカード会社の外貨取扱手数料に変更することができます。「USDで支払う」をタップすると完了です。

これだけで手数料の節約ができます。

通貨変更
USDに変更

 

PayPal決済のできない海外通販サイトの支払方法はどうするか?

paypalが使えないときはクレジットカードを使おう

PayPal決済のできない海外通販サイトでの決済方法は基本的にクレジットカードとなります。

一部日本での販売を主にしている海外通販サイトは代引きやコンビニ支払い、銀行振込に対応していることもありますが、やはり支払いはクレジットカードというところが多いです。

海外通販サイトでクレジットカードを使うことに抵抗のある方が結構おられると思いますが、私は海外通販でクレジットカードを使ってきて13年ほど経ちますが、不正利用や番号流出などのトラブルに巻き込まれたことはありません。

トラブルに巻き込まれたことがない理由としては信頼しているサイトでしか購入していないということかなと思います。

しかし、それでも海外通販でクレジットカードを登録するのは不安な方におすすめのものがあります。

クレジットカード払いが不安な方はバーチャルカードがおすすめ!

クレジットカードの不正利用や番号流出などが怖いという方にはバーチャルカードをおすすめしています。

バーチャルカードとは、クレジットカード会社が発行しているインターネット専用のクレジットカードです。

普通のクレジットカードを使う感覚で使用することができ、海外通販では安全性に優れています。

デビットカードも安全って聞くけどどうなの?

デビットカードとは、銀行が発行しているキャッシュカードにクレジット機能が付いたカードで、利用代金が使ったその場で口座から引き落とされる現金感覚で使えるカードです。

デビットカードは「口座に入っている現金以上に決済はできないから安全!」と思っている方が多いのですが、実はほとんどのデビットカードは残高不足でも後日請求という形で決済されてしまうので、不正利用に強いかと言われると少し疑問が残ります。

またデビットカードのデメリットとしては外貨取扱手数料が少し高めという点。大体3%というところが多いです。

そういった理由からデビットカードよりもクレジットカードのバーチャルカードをおすすめします。

 

海外通販におすすめのクレジットカードはこれだ!

ここからは海外通販におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

どれも海外通販で使うにはそれぞれの良いところがあるので、通販サイトや商品によって使い分けをするのがおすすめです。

国際ブランドはそれぞれにいいところがあるので、VISAかMastercardを優先的につくり、3枚目にJCBをつくりましょう。

エポスカード(EPOS CARD)

エポスカード

PayPalを使用できない海外通販サイトにおすすめ!安全なバーチャルカードが無料で発行できる!

  • 年会費永年無料
  • 1万店舗で優待がある
  • 最短即日発行
  • バーチャルカードが発行できる

丸井デパート系のクレジットカードであるエポスカードですが、海外通販でもセキュリティー最強のカードとなります。

それがエポスカードを持っていると無料で作成することが出来るエポスバーチャルカードです。

安全対策としては海外通販サイトでエポスバーチャルカードを使って決済し、使用しない間はカードを停止することが出来るので、不正利用されることはありません。

停止・再開はネット上で簡単に変更することが出来るので、海外通販をするときに再開し、決済が完了したら停止することができます。

バーチャルカード利用でも200円ごとに1ポイントつくのが嬉しいところ。また、海外通販でバーチャルカードを使用しても外貨取扱手数料が1.63%とお得です。

エポスカード自身もカラオケボックスの割引に強く、ビッグエコー、シダックス、カラオケ館、ジャンカラなどでエポスカードを使用すれば、30%割引になるのでカラオケ好きにはもってこいのクレジットカードとなります。

これから海外通販をやっていこうという方には是非持っていてほしいカードです。

国際ブランド VISA
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%
ETC年会費 無料
電子マネー Edy、suica
外貨取扱手数料 1.63%

エポスカード(EPOS CARD)公式サイト


楽天カード(Rakuten Card)

楽天カード

PayPalへの登録はポイントの貯まる楽天カードがおすすめ!バーチャルプリペイドカードの発行可!

  • 年会費永年無料
  • 顧客満足度10年連続ナンバー1
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 加盟店での利用でポイント最大3倍
  • バーチャルプリペイドカードの発行可

楽天市場や加盟店でポイントがザクザク貯まる楽天カードですが、なんと10年連続顧客満足度ナンバー1なんです。

楽天カードをメインの支払先にすることで、ほんとにポイントが面白いように貯まっていきます。

PayPalへの登録はポイントの貯まる楽天カードがおすすめです。

あまり知られていませんが、楽天カードを持っているとバーチャルプリペイドカードが即座に無料で発行できます。

エポスカードとは違いプリペイド式のカードなので、海外通販で使用する場合は購入金額のプリペイドカードを事前に購入しておく必要があります。

バーチャルプリペイドカードの海外通販での利用時の外貨取扱手数料は3.6%となります。

プリペイド式のカードなので事前に購入するのが手間ですが、安心して使用できます。

使い勝手はエポスカードには劣りますが、プリペイドカードを楽天カードで購入するとポイントも貯まるのでお得です。

日常のお買い物から公共料金の支払までメインに活躍するカードなので、是非1枚持っておきましょう。

国際ブランド
VISA、Mastercard、JCB、AMEX
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%
ETC年会費 540円/年
電子マネー Edy
外貨取扱手数料
1.63%(VISA/Mastercard)1.60%(JCB)2%(AMEX)

楽天カード(Rakuten Card)公式サイト


イオンカード(AEON CARD)

イオンカード

海外通販で購入した商品が破損してしまった!そんなときに使えるショッピングセーフティ保険が超万能!

  • 年会費永年無料
  • イオングループでの買い物でポイント2倍
  • イオンシネマがいつでも300円割引
  • ETC・家族カードの年会費無料
  • ショッピングセーフティ保険が使える

毎月20・30日はお客様感謝デー。イオン系列のお店で5%割引になるイオンカード。

ETC・家族カードも無料で作れるのが嬉しいポイントです。

イオン系列のお店が近くにある方は是非1枚つくりましょう。イオンシネマも300円引きになります。

イオンカードは海外通販でも抜群に使えるというのが、ショッピングセーフティ保険が無料でついてくることです。

ショッピングセーフティ保険とは、イオン銀行が発行したクレジットカードでクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品が対象。
偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から180日以内に被害を受けた場合に補償する制度です。

海外通販でイオンカードで購入した商品が、購入から180日以内に偶然による事故で破損してしまった場合に保証してくれるサービスなんです。

無料で作れるカードでここまでの保証をしてくれるカードは他にありません!是非作っておきましょう。

対象外の商品としては貴金属類、時計、自転車、香水、絵画、骨董品など色々とあります。

商品引渡し前の事故は対象とはならないので、「荷物が届かないから保証してほしい」というのは適用外です。置忘れ、紛失、置忘れ後の盗難なども保証適用外です。

ほかにも細かい条件はありますが、この保険の凄いところは「購入から180日以内まで保証対象」「海外から購入した商品も保証対象」「スマホ・PC・デジカメも保証対象」「年間の補償金額は50万円まで」というところでしょうか。

ほんとにこんなサービスがあるクレジットカードはほかにありません!

1事故あたり、5,000円の免責金額(自己負担)がありますので、高価な商品が偶然による事故で破損した場合に使いましょう。

国際ブランド
VISA、Mastercard、JCB
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%
ETC年会費 無料
電子マネー
WAON、Suica、ICOCA
外貨取扱手数料 1.60%



イオンカード(AEON CARD)公式サイト


JCBカードW(JCB CARD W)

JCBカードW

海外通販でもポイント2倍!Amazonやセブンイレブンでポイントが溜まりやすい

  • 年会費永年無料
  • 39歳以下限定のJCBカード
  • 家族会員も年会費無料
  • OkiDokiポイントは常に2倍

39歳以下の方限定で作れるのJCBカードです。

国際ブランドは日本のJCBとなっているので、PayPalに登録して使うか、JCBブランドが使える通販サイトで使用しましょう。

クレジットカードの国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBと1枚ずつ持っていると、通販サイトや店舗での使い勝手がいいのでおすすめです。

JCBカードWの良いところは、やはりポイントが貯まりやすというところです!

通常のJCBカードは1,000円利用で1ポイントしか貯まりませんが、JCBカードWは2倍の2ポイントが貯まります。

また日常的に優待店のAmazonやセブンイレブン、スターバックスを使用する頻度が高い方はポイントがかなり溜まりやすいので、是非作っておきましょう。

特にスターバックスが5.5%と、驚異的なポイント還元率です。

  • Amazon:2.0%
  • セブンイレブン:2.0%
  • イトーヨーカドー:2.0%
  • スターバックス:5.5%

Amazonでの利用はAmazon公式のクレジットカードと同じ2%のポイント還元率を誇ります。あちらは年会費が1,350円かかるので、JCBカードWの方が年会費無料でおすすめできます。

盗難補償もしっかり付いているので、インターネットでの不正利用や紛失による被害も60日以内にJCBに連絡をすれば、被害額を0円にしてくれます。

JCBカードは外貨取扱手数料が最も低い1.6%なのも嬉しいポイントです。

国際ブランド JCB
年会費 無料
ポイント還元率 1%
ETC年会費 無料
電子マネー QUICPay
外貨取扱手数料 1.60%

JCBカードW(JCB CARD W)公式サイト


ポイント2重取りで更にお得!Kyash+クレジットカードが最強!?

ポイント2重取り

「ポイントを沢山貯めたい」って方におすすめなのが、Kyashです。

Kyashとは、スマホから簡単にVISAかマスターカードのプリペイドカードを作れるアプリで、注目されているのが、Kyashのカードで決済すると2%のポイントが還元されることです。

例えば、楽天カードでKyashプリペイドカードに現金をチャージすることで、楽天カードポイント1%と、Kyashポイント2%が貯まるので合計3%ポイント還元となります。

もちろんPayPalに登録することも出来るので、PayPal+Kyash+楽天カードでポイントを沢山貯めることができます。

 

海外通販でのクレジットカードトラブル集

海外通販のクレジットカードトラブル集

海外通販でクレジットカード決済時にエラーがでて決済ができない!?

クレジットカードで決済をしようとしているときに、クレジットカード情報を入力するとエラーが出て決済ができないことがあります。

そんな時は、JCBカードを使っていないか、カードの有効期限は問題ないか、利用限度額は超えていないかを確認し、別のカードでも決済してみましょう。

エラーがでる理由は様々ありますが、カード会社との相性というのもあるようです。

クレジットカードでの決済後に商品が届かない場合の対処法

クレジットカードで決済すると、トラブルが起こったときには自分で通販サイト側に話をする必要があります。

英語がわからない場合は翻訳サイトを活用し、メールでやり取りをするか、日本語のわかるスタッフがいるか確認しましょう。

直接交渉でほぼ問題は解決しますが、中には「商品は発送済みだから」ということで話を聞いてくれない不親切な場合もあります。

PayPalの場合はここで仲介をしてもらえばいいのですが、クレジットカード払いの場合はそうもいきません。

クレジットカードには「支払停止の抗弁権」というものがあり、荷物が届かないなどのトラブルの際に条件が合えば、クレジットカード会社が保証してくれるのですが、海外加盟店での支払いの場合は対応をしてくれません。

またクレジットカード会社にショッピング保険があっても、荷物が手元にない場合は配送中の事故として処理されるので、保険が適用されません。

クレジットカード会社の保証は期待ができませんが、諦めずに通販サイトと直接交渉してみましょう。