海外通販での住所の書き方

海外通販では、日本へ荷物を配達してもらうため、英語で住所の登録が必要となります。

1度覚えてしまえば他のサイトでも同様なので、ここでしっかり覚えてしまいましょう。

基本的な住所の書き方

英語での住所入力のポイント

  1. すべて半角ローマ字で入力
  2. 住所は後ろから書く
  3. 続けて書く場合は区切りに「,」(カンマ)を入れる
  4. マンションの部屋番号には#をつける
  5. 電話番号には+81をつけて最初の0をとり入力

【 日本語住所 】

山田 太郎
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ205号室
090-1234-1234

【 英語住所 】

Taro Yamada
#205 RoppongiHills,6-10-1,Roppongi,Minato-ku Tokyo Japan 1060032
+819012341234

海外通販サイトの住所入力フォームについて

海外通販サイトでは、それぞれ項目別の入力フォームになっていることがほとんどなので、上記の続けて書くことはほとんどありません。

このように項目別に入力するので、あなたの住所に変換して覚えておきましょう。

スクロールできます
項目名解説英語住所
First Name下の名前Taro
Middle Name記入不要
Last Name名字Yamada
Address Line 1市より下の住所6-10-1 Roppongi
Address Line 2マンションの場合に
部屋番号とマンション名
#205 RoppongiHills
City市・区・郡Minato-ku
State/Province都道府県Tokyo
CountryJapanJapan
Postcode/ZIP code郵便番号1060032
Phone Number+81(日本の国ナンバー)の後に
最初の0をとり続けて入力
+819012341234

英語住所の入力する順番

海外通販サイトでこれから英語で住所を入力していくときは、郵便番号から記入していきましょう。

最近の通販サイトには日本の住所であっても、郵便番号を入力すると、市区町村まで自動入力されることがよくあります。

StateやCityなどの項目がない

通販サイトによって、当然入力システムが違うことがあるので、ここで説明した都道府県を入力するStateや、市区町村のCityが入力項目にないことがあります。

その場合は、「Address Line 1」に上で解説した英語住所のように、そのまま続けて書いてしまえば問題ありません。

項目名「Address Line」が「Street Address」になっていることもあります。

電話番号の入力について

電話番号の入力方式もサイトによって違います。

上記で説明したように「+819012341234」と直接記入する方法や、国を選択すると+81が自動入力され、続けて9012341234」と入力する方法、+を入力するとエラーになるので、「819012341234」と入力する場合などさまざまです。

そのサイトに合わせて入力する必要があります。

海外通販での住所の書き方まとめ

感覚的に9割以上の海外通販サイトで英語での住所入力が必要です。一部日本向けのサイトURLに「.jp」がつくものなど、日本からの売上が多い通販サイトは日本語での入力に対応していることもあります。

1度覚えてしまえば他の海外通販サイトでも使えるので、英語での住所の書き方を覚えてみてはいかがでしょうか。

海外通販サイトから購入すると当然発送元は海外からですが、日本へ到着後は日本郵政やおなじみの佐川急便などの日本の運送会社が自宅まで配達してくれるので、多少英語住所の書き間違いがあっても、きちんと届くので、安心してください。

\ 次章へすすむ /

口コミを投稿する

コメントする